Sharing Economyは、(1)カーシェアやライドシェアなどの移動シェア,(2)民泊などのスペースのシェア、(3)おもちゃや衣類などのモノのシェア、(4)労働力や技術などのリソースのシェアへ広がりを示している。PwCは、舎衛リングエコノミーの市場規模は、2025年には 33兆5,000億ドルに達すると予測している。

 

Go2Marketingは、プレイヤーの視点から、シェアリングエコノミーを捉えています。

UberやAirbnbnどベンチャー企業がシェアリングエコノミーの担い手ですが、大手企業の新規ビジネスとしてもシェアリングエコノミーは広がりを見せていると考えています。最も重要な視点は、スマートフォンの普及、通信インフラの整備によって、安いコストにより独立事業者が、シェアリングエコノミーのんいないてになっているという点です。

​Go2Marketingは、そうしたシェアリングエコノミーの担い手である企業や個人を支援するとともに、自らがプレイヤーとして、新しい市場の想像に寄与していこうと考えています。